logo
For RITZ
岡崎律子的非官方中文资料站

●第43号掲載分(2000年3月9日)

最近抽空去泡了趟温泉。是有名的鬼怒川温泉。工作日的温街阴阴沉沉的。简直空荡过头了!
晃晃悠悠地走出酒店闲逛,卖特产的商店几乎都没开门,路连行人都没有。被书上称为风景名胜的桥,也只是个普通的而已。唯一能提醒我这里还是“温泉胜地”的地方,就只有到都在卖的温泉包子了。可以的话真想看到每家店头的蒸笼里飘出那种感觉很好的温泉热气啊!还有穿着浴衣的人什么的…些理想中的景象一个都没有。抱着最后的一丝希望走到吊桥的时候,终于天上开始飘下几片零星的雪花(难怪之前觉冷),心中顿时吹过一阵寂寞的冷风,于是早早就回酒店了。 好在酒店房间很宽敞,从十楼向下俯视可以看到特别壮观的石表层,而且鬼怒川的水色是特别漂亮的那种深绿色,最重的是露天温泉真的超棒,满足了,满足了。
——不过,我注意到了一件事情。旅游景点的土特产界似乎并注重版权问题。仙台特产有个著名的“荻之月”【以卡斯提(一种蜂蜜蛋糕)裹卡仕达酱的馒头形状甜点】,而这里有“鬼怒之月”。是一种黄色的圆形外表、软软的海绵蛋糕中包着蛋奶羹的甜点。你家周围是不是也有卖这么一种点心的呢其实不管哪一种都很好吃啦♡。
话说回来,看最近的新闻感觉尽是些令人失望的负面报道。界和警察界的那些人,总感觉他们现在一不留神就很容易淹在“堕落”的大浪潮里。【
2000年日本政界、警察界丑闻发】
我在日常生活和工作中,也见到过为明哲保身而谎话连篇人,而有的人在这其中还能摆出一副平静自如的表情。每次到这种人我甚至都为他感到难受。不管在什么岗位上或是在任何事情的时候,自己的“存在状态”都是由自己决定的。这我重新认识到,选择一个问心无愧的生存方式其实很重要。
最近一段时间我在音乐方面虽然没给大家带来什么新消息,也收到好多大家发来的邮件,真的非常感谢。每一封我都有认真真在看。今年的第一首曲子会出现在4月的一个新番上!为是全新风格的曲子,我现在也非常期待。这之后还想作出多更多不同风格的曲子来。3月~4月是我在一年之中很喜欢季节,身体和心灵在此时都充满了干劲。请你也一定不要输感冒和花粉症,打起精神来!


温泉に行きました。有名な鬼怒川温泉。平日の温泉街は渋ったです。ちょっと渋すぎた!
ぷらぷらとそぞろ歩きに出かけても、おみやげ屋さんはほんどしまっていてすれ違う人もない。名所のように書かれいた橋は、ただの橋でした。“温泉”といえば、あちこちで泉まんじゅうを売っていて、できれば店頭のせいろからイカンジで湯気がでていてほしい!浴衣姿の人なんかが歩いいたりして…なんて期待はことごとく裏切られ、最後の望み見に行ったつり橋ではとうとう雪もちらつきはじめ(どうで寒いと思った)、心の中にひゅるるるーっと寂しい風がいてきたので、早々に宿に戻りました。
でも、部屋は広々、10階から見下ろす岩肌はすごい迫力だたし、鬼怒川の水の色は深ーい緑で美しく、なによりも露風呂がナイスだったので満足、満足。
――でも、私はひとつ思った。観光地のおみやげ界には著作ってものが、ない。仙台の有名な「萩の月」、ここのは「ぬの月」。黄色の丸い形、まわりがふわふわのスポンジケキで中はカスタードクリーム、っていうお菓子、あなたのにもありませんか?どっちもおいしいからいいけどサ♡
ところで、最近のニュースはもうこれでもかというツライのばかりという気がする。政界とか警察って今聞いてるかりでは、油断すると人間が陥りやすい“堕落”の見本市といかんじ。
私も日常とか仕事の中で、保身・嘘つきなんかを見たことあるけど、そういう濁った中で平気な顔してる人って、見るこっちがツラクなる。どんな分野でも何をしている時も、“自分の在りかた”は自分が決めるのだからね、心に聞て恥ずかしくない生きかたをしていくのは大切なこと、とらためて思いました。
このところ、音楽的にはなんだか音沙汰ない私でしたが、んな間にもメールをありがとうございます。のんびり嬉し読ませていただいてます。今年のはじまりの曲は、4月からTVアニメで!新しいタイプの曲が出来ましたので、私もからたのしみにしています。そしてもっともっといろんなを作りたい。3月~4月は1年のうちでも好きな季節で、も身体も元気いっぱいの私です。風邪や花粉症に負けなで、あなたもどうか元気で!

本文是翻译内容,翻译自岡崎律子Book, 译者:貓总